サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

に投稿されたサービス事例一覧

【20系アルファード】カスタム④タイヤ&アルミホイール

ブレーキシステム、車高調、ボディー補強とご紹介して参りました20系アルファードカスタムです。
お待たせいたしました。
外装ドレスアップの肝、カスタムその④タイヤ&アルミホイールです。

今回チョイスしたのはSSRのEXECUTOR(エグゼキューター)CV02です。
SSRの歴史は国産アルミホイールの歴史と言って過言ではありません。
そのSSRがUSのカスタマイズシーンをマーケティングし、日本のクラフトマンシップで形にしたエグゼキューターシリーズは、USxJPNのSSR新機軸であり自信作。
サイズはフロントが20X8.5、リアが20X9.5です。
タイヤサイズはフロントが245/40R20、リアが275/35R20です。
家族サービスメインで走行性能も向上させるには20インチが限界です。

正直に言います。
SSRのCV02の20インチで、ブレーキシステム変更したアルファードにセットアップできるサイズはありません。
ですので、今回はフェンダー加工も同時に実施させていただいています。

ちなみに、オーナー様がエグゼキューターCV02をチョイスした経緯は、まず一目惚れからといったところですが、ブレーキ変更する場合は無理だということをお伝えしたところ、「もしも街中でエグゼキューターがついている車と並んだら多分耐えられない!!!何とかして装着してほしい!!!」ということでした。
我々スタッフもオーナー様も、まだ新しいお車のフェンダーをいじるのを躊躇しておりましたが、オーナー様にも腹をくくって頂き、協力させていただきました。

様々な苦労の甲斐あって、ばっちりインストールできました!!!
SSRのエグゼキューターシリーズは、他のホイールに無い迫力とエレガントさを兼ね備えたデザイン。
大人のエレガントさで上品にまとまりました。
仕上げにアライメント調整を実施。

今回のアルミホイールでカスタマイズは一旦終了のはずが…

次回最終回、「やっぱりブレーキは前後とも変えたくなっちゃう!!!」です。

(小村)

ATF交換です。

本日のご紹介はATF交換です。

ATFとは、オートマチック・トランスミッション・フルードの略で、
いわゆるオートマオイルです。

交換の目安は2年または2万km、どちらか早い方です。

交換しないでいると…
燃費の悪化や加速の低下につながり、最悪の場合はATオーバーホールとなり、
高額な出費となる可能性もございます。

オートマオイルはマニュアルミッションのクラッチの役目も担っています。
タクシーさんは必ず2万kmでATF交換し、50万kmノンオーバーホールで営業しているそうです。
ATFさえ交換していれば、ほとんどトラブルフリーという訳ですね!!!

画像は、左からATFチェンジャーで見た交換前のオイルと新品オイルの色の差と交換風景です。
こちらのお車はボルボV70で、前回の交換から6万km走行とのことでしたが、
かなりの汚れ具合でした。
ここまで汚れてしまうと交換ができない場合もございます。

定期的な点検と交換で、トラブルフリーなカーライフをオススメ致します。

パンク修理

GWから毎日パンク修理が無い日がありません。
必ず1台はパンクされたお客様がご来店されます。

当店のパンク修理はすべて内面修理となります。
タイヤをホイールから外し、タイヤの中の状況を確認し、内側から修理いたします。
内部の確認をせずに修理すると、場合によってはタイヤが破裂し、重大な事故につながる恐れもあります。

当店では状況を見極め、その後もご安心してドライブして頂けるように完璧に修理いたします。

【ホンダ ストリーム】タイヤ交換+アライメント調整

本日ご紹介するのは、ホンダストリームのタイヤ交換+アライメントです。

こちらのオーナー様は、あと2年でお車を乗り換えるご予定のところ、タイヤの内側がすり減ってしまったので交換をご希望でご来店いただきました。
乗り換えのご予定ですが、乗っている間は安心且つ快適にしたいというご相談でした。
そこでご提案させて頂いたのがブリヂストンのミニバン専用タイヤの最高峰REGNO GRV サイズは純正サイズの195/65R15とアライメント作業です。

お車を乗り換えるつもりだけどタイヤが減って仕方なく交換されるお客様は非常に多いです。
乗り換え予定だからお金を掛けたくないという気持ちも良くわかります。
大袈裟に感じるかもしれませんが、乗っている間はそのタイヤに命を預けることになりますので、大幅にグレードを落とすことはおすすめできません。
今回のオーナー様はそういったことを良くご理解頂いているオーナー様でした。

乗り換えるまでの間、気持ちよくドライブして頂けるように心を込めて作業させて頂きましたので、きっとご満足いただけると確信しております。

オーナー様、お買い上げありがとうございました!

画像はアライメントの調整風景です。
リアの調整時は画像のようにモニターを見ながら調整致します。

【ホンダ ヴェゼル】アライメント調整

今回ご紹介するのは、ホンダの新型SUV「ヴェゼル」のアライメント作業です。

こちらのヴェゼルのオーナー様は、ご自身でエアロパーツまで作成しちゃうその筋では「教祖」と呼ばれる方です。
新型車ですので、まだあまり街では見かけないヴェゼルですが、オーナー様ご自身で車高調を取り付けされたとの事でアライメント調整のご依頼です。

十数年来の常連様ですが、ほとんどの作業をご自身でされますが、オイル交換等のメンテナンスとタイヤ交換やアライメントのセッティングなどの個人では設備が無く、作業できない部分のお手伝いをさせて頂いております。

今回のヴェゼルにはRS☆Rのi-shockがインストールされておりました。
車高は約70mmダウン!!!
元々車高の高いSUVですので、地上高はしっかり確保されています。

ローダウンしたフォルムは純正車高のヴェゼルとは別の車種に見えますね~

【HY51 フーガハイブリッド】タイヤ交換&アライメント調整

本日ご紹介の作業は、フーガハイブリッドのタイヤ交換&アライメントです。
スタッドレスタイヤからのお履き替えと同時作業です。

今回チョイスして頂いたタイヤは
REGNO GR-XT 245/50R18です。
こちらのお客様は、当店のタイヤ保管サービスをご利用のお客様で、
お預かりした夏タイヤの状態が良くなかったのでタイヤ交換となりました。
せっかくブリヂストントップグレードのレグノをお買い上げいただくので、
少しでもタイヤを長く使っていただき、尚且つ気持ちよくドライブして頂くために、
アライメント調整もご提案させていただきました。

測定してみると、内べり傾向の測定値。
実際のタイヤも内べりでしたので間違いない測定状態です。

お客様曰く、「フーガはメルセデスなどと比べるとハンドルの切れが悪く感じる」
とのことでしたが、今回の調整と非対称形状のREGNO GR-XTの特性によって、
今までよりもシャープなハンドリングに変わるのではないかと思われます。

是非、100km点検時にご感想をお伺いしたいですね。

オーナー様、ありがとうございました。

レンジローバーのリフトアップ

今回ご紹介するのは4WD界のロールスロイス「レンジローバー」のリフトアップについて簡単にご紹介します。

画像のお車は、「セカンドレンジ」と呼ばれる2代目レンジローバーです。
レンジローバーのサスペンションシステムは伝統的にエアーサスペンションが採用されています。
そのエアーサスペンションを保護するために、レンジローバーの初代・2代目はリフトアップ時に注意事項があります。
簡単にご説明いたしますと、サスペンションが伸びないようにリフトアップする必要があります。
細かいところでは車高をノーマルポジションにするなどがあります。

4輪同時にリフトアップするにはそれなりの設備と知識が必要となりますが、当店では設備も知識も兼ね備えておりますのでご安心ください。

タイヤもデカくてナットもデカいレンジローバーを画像のようにリフトアップして作業するのは非常に大変な肉体労働ではありますが、繊細な作業を伴いますので細心の注意を払いながら作業させていただいております。

空気圧充填は危険作業です

本日ご紹介するのはお車ではなく、タイヤ館の安全作業の一例です。

タイヤの空気圧充填作業に従事するには研修が必要だって知ってますか?
空気圧充填は危険を伴う作業なので知識が必要なんです。
もちろん、決まりごともたくさんあります。

その決まりごとの1つに「安全囲い」があります。

タイヤをリム組した後に空気を入れる際には、この安全囲いに入れてから充填しなければならないのです。
新品タイヤが破裂した経験はありませんが、パンク修理後の空気圧充填では破裂した経験もあります。
猛烈な勢いで爆発します。
業界内では年間数件の事故が起こっているようです。

タイヤ館ではそのような事故から身を守るために必ず囲いの中で充填いたします。
「安全はすべてに優先する」
ブリヂストングループのポリシーです!!!

画像は日記でもご紹介したサンバーのパンク修理時の空気充填風景です。

【20系アルファード】カスタム③ボディ補強

ブレーキシステム、車高調とご紹介して参りました
20系アルファードのカスタムその③は、予告通りボディ補強のご紹介です。


ボディ補強も色々とありますが、今回はプラットホームの強化から、
ボディのねじれをなくして足回りをよく動かすことをご提案いたしました。

メニューは以下の通りです。

CUSCO
ハイブリッドストラットバー
パワーブレース
 ・フロントメンバー
 ・フロアーフロントサイド
 ・フロアーフロントセンター
 ・フロアーリア
SPOON
リジカラF・R

実はこちらのメニューはアル・ヴェルの多い当店では定番メニューです。
特に、3.5ℓは高速道路のレーンチェンジやジャンクション等のコーナリング時に、
ボディのねじれを感じられるオーナー様が多く、
それを解消するためにお取付けさせていただいたのが始まりです。

加えて、ローダウンした足回りはいくら乗り心地が変わりづらいとは言え、
強化方向になってしまうため、プラットホームを強化することで、
ノーマルと同じようなイメージで足回りを動かすことを狙っています。

効果は以前より実証済みなボディ補強。
それがあっての乗り心地キープだと考えます。
もちろん、予算あってのお話ですし、後から追加も可能なパーツです。
ローダウン&大径インチアップ時には、
ボディ補強も視野に入れることをお勧めいたします。

次は外装ドレスアップの肝!!!
メニューその④アルミホイールのご紹介です。


(小村)

100km点検

今回のご紹介はタイヤ館名物の「100km点検」です。

実はこの100km点検は当店発案の点検なんです。
今から遡ること17年前、オープン当初の店長だった大谷店長(のちに東京タイヤ館の社長に就任、2012年に他界されました)が発案者。
せっかく買っていただいたタイヤを最初から最後まできちんと使っていただくために考えたサービスなのです。

実施内容は、
①空気圧点検
②ナットの締めつけチェック
③外観の点検と老化防止剤の補充
上記3点をチェックいたします。

新品タイヤは様々な理由から空気圧が変動します。
その変動が収まるのが100km程度走行した後と言われており、そこでもう一度しっかり内圧をそろえてあげることでタイヤの性能を活かし、長持ちさせることができます。
ナットの締めつけチェックは新品取り付け時に2回チェックしているのでまずゆるむことはありませんが、念には念を入れて増し締めいたします。
取り付けたタイヤが走行後に異常な状態になっていないか外観チェックをすると共に、老化防止剤のWAXをサイド塗りつけ、ホイールを拭き上げて終了。
PITに入庫してから約10分程度の作業となっております。

100km点検は最優先にて作業させて頂いております。
PITが混み合っているときは少々お時間を頂きますが、タイヤを長くお使いいただくための重要な点検となっておりますので、新品ご購入後は必ず点検にご来店ください。